RSS | ATOM | SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
清水の洋食屋【haco-pain(ハコパン)】
洋食屋haco-pain(ハコパン)は、清水区梅が丘にある洋食屋。
hacopain外観梅が岡は、桜ヶ丘病院とか岡小学校の辺りですね。
手打ちパスタや静岡牛を使ったハンバーグ、自家製パンが美味しいレストランです。
お昼と夜に行ってきたのでレポートです。

内部カフェ風の内装が可愛い。

まずは、ランチ。
サラダ・スープ・メイン料理・ドリンク・自家製パンで¥1200。
メインは、お肉か魚どちらか選べます。土日もOKなのが嬉しいです。
ランチは月替わりでメニューが代わるようです。私が行ったのは4月なので、下の写真は4月のメニューです。

サラダランチのスープとサラダ。
パン自家製パンは、お店入口付近のカウンター上から、食べたい分だけもらえます。
ランチメインはお魚にしました。カレイのフリット オレンジソース。白身魚の淡白な味に、爽やかなオレンジソース。段々暖かくなってきた季節にぴったりの爽やかな味でした。

次は、夜。
静岡産の牛「あしたか牛」や「静岡そだち」、静岡産の豚「朝霧ヨーグル豚」を使ったハンバーグやカレー、手打ちパスタなどのアラカルトメニューが揃ってます。
オムライスオムライス¥800にチーズをトッピングして¥900.卵がトロトロです。
ハンバーグ静岡そだちのハンバーグステーキ¥1300。
昼と同じ自家製パンもあります。味が甘めのパンは、夜のメイン料理とは少々合わないと感じました。が、
味は美味しいです!余っていれば買って帰ることも出来るそうですが、この日は買えませんでした。残念。

で、こちらのお店、少々不思議なのが料理が出てくるまでの時間。
予約して数人で夜のコース料理を頂いた時は、非常にスムーズにお料理が出てきました。

が、次に夜にアラカルトを頼んだときは、とにかく時間がかかった!
私の目の前に時計が合ったので、どうしても時間に目がいってしまったのですが、まず、水が出てくるまでに入店から15分、ジュースとワインが出てくるまで20分。ハンバーグが出てくるまで30分、連れのオムライスが出てくるまで35分と言う感じです。
店内には他に4人連れのお客さんが2組おり、1番最初にオーダーした組の一人目のメインが出てきたのは15分くらいでしたが、最後にオーダーした組のテーブルに最後のメイン料理が来たのは、彼らの入店後45分以上経ってから。最後の人が食べ始める頃には、そのテーブルに最初に料理が来た人は、既に食べ終わっているという状態。

連れは呆れて、もう行かないと言ってましたが、リベンジということで昼に行ったら、お水も料理もごく一般的な時間で供されました。
夜のアラカルトの日は、たまたま人手が足りなかった日だったのかもしれません。

お店の方々は、にこやかに丁寧に対応してくれて、予約していったときなどは、雨が降っていたにも関わらず、店の外まで出迎えてくれました。
月替わりのランチメニューなどは、ありきたりではない手の掛かったお料理を提供してくれますので、月替わりで行ってみたくなるお店ですね。

お店は、静清信用金庫月見支店向い。眼鏡市場清水梅が岡店のそばにあります。

●静岡市清水区梅が岡9-19 ●TEL:054-388-9485
●OPEN 11:00〜14:00 17:00〜21:00
●定休日:火曜日(祝日は営業)
| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(0) | trackbacks(0) |
【レストラン エスプリ・ドゥ・ミクニ】に行ってきた
三國シェフのお店「カフェ・パティスリーミクニ」と「レストラン エスプリ・ドゥ・ミクニ」が清水にオープンしました。
場所は、エスパルスドリームプラザの近く、フェルケール美術館のとなり、以前「駿河亭」というフレンチレストランがあったところです。
コンクリート造りのクールモダンな内装は、駿河亭時代と変わっていません。
静岡の豊富で新鮮な魚や野菜、果物を使ったメニューがいただけるそうです。

<2011.8>
プレオープンから1年ちょっと経ちました。ディナーで再訪です。
が、いただいてきたはずのメニュー表が見当たらず、正確なメニュー名が分かりません!訪問して一両日中にレポート書けばよいものを、2,3ヶ月後になってからようやく書き始めたりするので、こういう羽目に陥ります。反省してます。

2013.1.5追記:年末の大掃除中に、メニュー表が発掘されましたので、正確なメニューを記しました

で、ディナーコース。
今回はごちそうしていただいたので、お値段がはっきりわかりませんが、おそらく7500円だと思います。
メニュー内容は8月当時のものです。
ミクニ「清水の枝豆のエピス香るピューレと菊川ベルファームのトマトのコンフィのゼリー寄せ その枝豆添え」コンソメゼリーの中に県産トマトのコンフィが入ってます。
ミクニ「駿河湾の黒鯛のポワレ ピスタチオ風味バルサミコソース 白いんげん豆を添えて」
ミクニ「オーストラリア産 仔羊の背肉のファルス入りローストとキャレのポワレ パセリパン粉焼き 2つの部位 レモンコンフィソース 小ナスのガトー仕立て」
ミクニ「由比倉沢ビワのコンフィとヌガーグラッセ 静岡磐田メロンとクレームブリュレ キャラメルアイスと木苺のソース」

どのお料理も手間が掛かっていて美味しかったです。
しかし、プレオープンのときにも感じたことですが、このお店(あるいはこの雰囲気)でしか味わえない!という程の特色がありません。やはり、場所柄を考えると、メニューも味も一般的なものが無難ということでしょうか。
私は生粋の清水っ子ですが、片田舎の保守的な清水という土地で、あんまりコジャレたことやってもお客がついてくると思えません。実際、ラフな格好のお客さんが、近所の居酒屋と変わらない会話で食事していたりしますし。

このお店の雰囲気や格が中途半端になってるのが、ちょっと勿体無いかなと思います。

以下は昨年2010年のプレオープン時に伺った際のメニューとお料理です。

<2010.11>カフェにはプレオープン中の7月に行きましたので、今回はレストランのディナーに行ってきました。
2010年10月中(11月中かも)は、オープン記念期間限定特別メニューが¥5000で提供されてますので、それをオーダー。アミューズブーシェ、アントレ、魚料理、肉料理、デザート、コーヒーと焼き菓子のコースです。
鮮魚のクリスティアン焼き鮮魚のクリスティアン焼きソースベルデュ。皮がパリッとしてます。小蕪が非常に美味しい。
牛フィレ肉のポワレ北海道産 牛フィレ肉のポワレ。マッシュルームのピューレと粒マスタードソース。
モンブランモンブランとバニラアイスクリーム。ぽってりと甘いモンブランは、苦味のあるエスプレッソと合わせると丁度良い。

食前酒などのカクテルは¥850くらいから。私はホワイトミモザを食前から魚料理までもたせて、肉料理からグラス赤ワインに変えました。グラスワインは¥1500くらいから。

清水という一地方都市にオープンしたお店柄でしょうか、メニュー内容や料理(味、盛り付け)に突出したものは感じませんが、誰もが平均的に美味しいと感じるお料理だと思います。
オープンの賑わいが一段落したころに、改めて行って見たいと思います。


●OPEN ディナー17:30〜20:30
●TEL:054-355-3920 ●定休日:無休
●静岡市清水区港町2丁目8−1 2F
(静岡鉄道バス「フェルケール博物館」下車すぐ)
| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(0) | trackbacks(0) |
プレオープン中のカフェ・パティスリーミクニへ行ってみた
清水ドリプラ近くのフェルケール博物館の隣、今まで駿河亭というフランス料理店があった場所に、三國シェフのお店がオープンするそうです。
1Fがカフェ・パティスリーミクニ、2Fがレストラン エスプリ・ドゥ・ミクニというお店で、レストランは9月オープン予定。我々は、プレオープン中のカフェへ、ランチを食べに行ってきました。

ランチは、ワンプレートディッシュ、パスタランチコース、ランチコースの3種類。軽めの昼食にしたかったので、肉も魚も出てくるランチコースは×。パスタコースはパスタの種類が選べない(ペスカトーレのみ)なので×。よって消去法によりワンプレートディッシュを頂くことになりました。
ミクニカフェワンプレートディッシュ¥1575

お店オススメの料理がワンプレートで色々味わえるので非常にオススメです!と給仕さんにも力説されました。確かに確かに、アレもコレも食べてみたいの!というワガママな女性にはピッタリのメニューです。
しかし思わぬ落とし穴が。ディッシュがサーブされてから思い出しましたが、私はワンプレートディッシュというものが好きではなかったのでした!(忘れんなよッて話しですが。)
好きじゃない理由は2つ。
 1.一皿に色々な料理が乗っているので、味が混ざる。
 2.一皿に冷たい料理も温かい料理も乗っているので、それぞれが中途半端な温度の料理になる。
残念ながら、今回のワンプレートディッシュもその欠点を覆すものではありませんでした。
もっとも、「うどん粉と水を一緒に飲み込めば腹の中でうどんになる」というハダカの大将理論でいけば、味覚も温度も腹に入っちゃえばいっしょなんだから、細かいこと気にすんなってことになるわけですが。

ランチタイムは14:00までで、その後はカフェタイム、夜はディナータイムになりまして、アラカルトメニューは夜のみになります。アラカルトに美味しそうなメニューがあったので、次回は夜に行きたいと思います。
それにしても、ランチのパスタメニューが一種類というのは、いかにも寂しいですねぇ。清水は新鮮な魚があがる場所ではありますが、ペスカトーレ以外も是非考慮していただきたいものであります。

給仕さんも修行中なのか、水をこぼしたりカトラリーを落としたり、椅子を引いてくれなかったり料理の説明が無かったりと、何かちょっとアレ?な面がありましたが(アラフォーってホントにうるさいわ。)とにかくまだプレオープン中なので、これから色々修正していくんじゃないでしょうか。


●OPEN ランチ11:00〜14:00 ティータイム14:00〜17:00 ディナー17:00〜20:00
●定休日:無休 ●tel:054-355-3921
●住所:静岡市清水区港町2丁目8−1

| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(0) | trackbacks(0) |
JA清水のレストラン「四季菜」
JA清水が運営しているレストラン「四季菜(しきさい)」。新鮮な野菜が食べられそうじゃないですか♪
という訳で行ってまいりました。

レストラン隣にはJA清水直売店があり、生産者の名前入り野菜や出来立てパンが売られています。興味をそそられますが、まずはレストランへ直行。
レストランの雰囲気は、小規模なファミレスといった感じ。入り口に待機客用の名前記入帳が置いてあり、各テーブルにはコールボタンが設置されてます。

アラカルトメニューが色々ありますが、お昼ならランチメニューがお得。ミニサラダ、メイン(パスタ、ピザ、ドリアなど)、1杯おかわりOKのドリンク、デザートのセットで1280円。
我々は、ランチメニュー+アラカルト1品頼みました。

最初に来たミニサラダは、野菜がみずみずしくてさすがに美味しい。ドレッシングはチーズソース。
四季彩ピザ朝採りトマトのバジルピザ。トマト自体は甘味があって美味しいですが、ピザ全体の味となると普通。コクとインパクトに乏しいというか。友人が頼んだパスタもそんな感じ。
デザート冷凍ケーキっぽいプチケーキが三種類。これなら、カットフルーツのヨーグルト添えとかにした方が良いと思うけどなぁ。実際、ケーキに付いてきたカットリンゴは甘味と適度な酸味があって美味しかった。
ドリンクは清水の紅茶(アイスティー)にしました。緑茶は毎日飲んでますが、地元産茶葉の紅茶ってあまり飲んだことが無かったので。美味しかったので、おかわりしちゃいました。

グリル野菜どうしても食べたかったグリル野菜。大きなトマトの中にチーズが入ってました。やっぱり野菜は文句無く美味しい。モリモリ食べられます。

店に置いてあったパンフに
当店で使用する農産物は、清水を第一に、清水に無いものは県内から、県内に無いものは国内から、を基準に仕入れ
と書いてありました。
野菜にしても果物にしても、素材そのものは美味しいのに、完成品の料理になるとイマヒトツってのがちょっと勿体ない。でも、美味しくないわけじゃないんです!

米粉パン直売店で買った緑茶パン。米粉入りでもちもち。結構歯ごたえあります。
直売所では、野菜、果物、タマゴなどが売ってました。


●OPEN 11:00〜14:00 17:00〜21:00
※農産物、パン販売所は 9:00〜17:00
●住所:静岡市清水区北脇250-1 ●TEL:054-346-2501
| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(0) | trackbacks(0) |
清水みなとの老舗洋食屋「サンライス」
清水のドリームプラザ近くに、エスパルス通りという道路があります。道路の両脇には魚屋さんとかお弁当屋さんが軒を連ねている小規模な商店街になっているのですが、歩道にエスパ選手の足型やサインが埋め込まれていたり、特大パルちゃんが立っていたり、サッカーボールのカタチの車止めが設置してあったりと、「サッカーのまち清水」を意識させる個性的な道(商店街)になっています。
そんなエスパルス通りの、サッカーボールが浮き出た壁のとなりに建つのが、1921年創業の老舗洋食屋「サンライス」。カレーライス、ビーフシチュー、鴨や魚貝を使った料理が有名です。
勤務地が遠くなった関係で最近はご無沙汰でしたが、丹念に煮込んだビーフシチューを清水で食べたいときには、私は、ここか横砂のメイキッスに行ってました。(メイキッスって年配のご夫婦がやってる洋食屋さんですが、今もやってるのかなぁ?)

で、先日。友人が「サンライスの鴨カレーを食べたい!」というので久しぶりに出かけました。鴨カレーは、インド風のさらっとしたルーに骨付き鴨肉が入ってるカレーです。ルーの辛味がそれほど強くないので、舌がピリピリしすぎて具材の味もわからん、なんてことはありません。

寒い日だったので、まずはコンソメスープを頼みました。コンソメの美味しさって、年を取るごとにしみじみわかるようになってくるんですよねぇ^^;

メインは、「フランス鴨胸肉のソテー果樹園ソース」¥1750です。果樹園ってなんだろ?と思ったら、カシスソースでした。オレンジソースは結構食べますが、カシスは初めてだったので新鮮。オレンジよりも甘味がなく、甘酸っぱい感じが私は好みでした。

サンライス鴨カレー鴨カレー。ゴハンとサラダが付きます。鴨は柔らかく、臭みもありません。

カシスアイスクリームデザートにカシスアイスを頼んだら、ダブル仕様でした。同じお値段で、カシス&ユズにもできます。

店入り口脇にある鴨肉燻製室。
お正月用の鴨ロースの予約販売もしてるようです。

カレーやシチュー等の一部メニューはテイクアウトできます。
これは、テイクアウトしたビーフシチューを家のお皿に移し変えたもの。大きくカットされた野菜やお肉がゴロンと入ってます。お肉はやわらか〜いです。写真はあんまり美味しくなさそう写っちゃってますけど、ちゃんと美味しいのでご安心を。容器代込みで¥1500です。



●OPEN 11:30〜13:30 17:00〜20:30
●定休日 毎週月曜日(祝日の場合は営業)
●TEL 054-352-0810
●住所 静岡県静岡市清水区港町2-6

| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(0) | trackbacks(0) |
釜焼きナポリピッツァの店「L’APE(ラ・アペ)」
ラ・アペ店内オリーブの描かれたオレンジ色のテーブルクロスが映える白壁のまぶしい店内。ガラス越しに見渡せる厨房からは、大きな窯で焼かれるピッツァの香ばしい香りが漂ってきます。
ラ・ヴィッタ・ナポリ!と思わず歌いだしたくなる釜窯きナポリピザの店「L’APE(ラ・アペ)」は、何故こんな山に近い住宅街の中に?
と疑問符を打ちたくなるような場所にポツーンとあります。
モデルハウスのような西欧風建売住宅が並ぶ新興住宅地ならわかりますが、ところどころに田畑が残る鄙びた住宅街(私の住んでるところはもっと鄙びてますが)に、こんなこじゃれたピッツァ屋があるのが意外で不思議。

でも、お客さんはたくさんやってきます。ランチタイムは予約しておいた方が無難だと思います。
この日は、スペシャルランチコース¥1380を頂きました。前菜、パスタorピザ、ドリンク、自家製デザートのセットですが、中身が充実していてお値段以上の満足感があります。

ラ・アペ前菜パルメザンチーズがたっぷり振りかけられたサラダはインゲンがシャキシャキ。香ばしいクルトンの浮いたスープと生ハム(サラミだったかも)とブルスケッタもついていて、この前菜だけで十分満足度が高いです。
ラ・アペピザピザは、縁の部分がもっちもち。具が乗ってる部分は薄いので、くるくるっと巻いて口に入れると具が零れ落ちなくて食べやすいです。
ラ・アペ デザートデザートは、抹茶のムースとココナッツアイスのフルーツ添え。フルーツは瑞々しいカットフルーツ。前菜サラダの野菜もそうでしたが、良いものを提供しようという店主さんの気持ちが伝わるお料理です。

ピザはテイクアウトもできます。私は、リピエーノと、なんだったかな^^; ちょっと忘れましたが2つ買って帰りました。リピエーノは、包み焼きピザです。

家のオーブンで焼けばおいしくいただけますが、やっぱりお店で食べるのが一番です。
あ、パスタもやってますが、パスタよりはピザをおすすめいたします!細いパスタなので、割とすぐのびちゃいます。

ラ・アペのお隣は、美容室 Amici(アミーチ)です。ラ・アペは旦那さん、アミーチは奥さんがやってらっしゃるそうです。


●住所 静岡市清水区蜂ケ谷291−4 ●TEL 054-367-7271
●OPEN 11:30〜14:00 17:30〜21:00
●定休日 月曜
| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(1) | trackbacks(0) |
静岡食材の「レストランPコック」
清水区右東坂の住宅街にあるレストランPコックに行ってきました。ここに来るのは15年ぶりくらいだけど、家庭的な雰囲気と家庭的な洋食屋さんの味は変わってません。

食べたのはAランチ。パンプキンスープ、ハンバーグステーキ、自家製パン、デザート盛り合わせ、ドリンクで¥1500ですからお得です。ランチは土日祝日もやってるので重宝です。
PコックのハンバーグPコックのデザート
表面がカリッと焼かれたハンバーグにナイフを入れると、肉汁がじわっとしみ出てきます。煮込んだ自家製ソースをたっぷり絡めて食べると、まさに大人も子供も喜ぶ日本のハンバーグステーキの味。
デザート盛り合わせは、ラムレーズン入りチーズケーキ、バナナのベイクドケーキ、オレンジと紅茶のムース、抹茶アイスでした。チーズケーキが特に美味しかった!

このラムチーズケーキや、静岡和牛のハヤシライスソース、地元テレビで紹介された「ギンギンカレー」は、お店でテイクアウトできますし、静岡グルメのネットショップ「しずおかココだけ本舗」でも買えます。
今回は、ハヤシライスをテイクアウトしてみました。1人前のソース250gが冷凍パックされてます。かなりボリューム有ります。
Pコックのハヤシライス
我が家の22cmの皿に盛りつけたら、溢れんばかりの量で驚きました。この皿、餃子40個弱乗るんですけどねぇ!

レストラン Pコック (レストランピーコック)
レストラン Pコック [ フランス料理 ] - Yahoo!グルメ


| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(1) | trackbacks(0) |
プティ・パリ・ド・ラ・ターブル
清水中央図書館に行ったときに便利なのがこのお店。図書館の2軒となりにあります。
ランチのコースは1500円からですが、今回の写真のは1900円のシェフ特製ランチ。
サラダ、パンプキンスープ、メインのビーフストロガノフソースのかかったオムレツライス、ケーキ、コーヒーのセットです。ストロガノフはトマトが入ってるタイプでした。
6種類くらいのケーキがワゴンで運ばれてきて、そのどれを選んでもいいという趣向は嬉しいです。
利便性で利用している感はありますが、味は普通に美味しいです。(←あいまいな日本語)

夜は予約制でコースのみ。
私はお昼しか行ったことがないので、この店の真価がわからないかもしれませんが。
プティ・パリ・ド・ラ・ターブルのオムレツ


●OPEN 11:30〜14:00 17:30〜20:30※夜は予約のみ
●TEL 054-351-0222 ●定休日:月曜
●静岡市清水区入江岡町15−26


| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(0) | trackbacks(0) |
J-STEP内のレストラン【S.colina】(エスコリーナ)
Jリーグチームもトレーニングに来る清水ナショナルトレーニングセンター「J-STEP」(通称トレセン)のバイキングレストラン。メインホール、サブホール、カウンターバーなど、いくつか空間が分かれていますが、メインホールからは、屋外の天然芝グラウンドが眺められます。

ランチバイキングは、「フルバイキングランチ」の日と「オーダーバイキングランチ」の日に分かれていますので、オフィシャルサイトで御確認を。ちなみに、オーダーバイキングランチの日替わりランチは¥1,100〜。
ランチの内容は、数種類のメインディッシュからお好きなもの一つ + サラダ、デザート、ドリンクのバイキング。デザートは小さくカットされたケーキやマンゴープリンが食べ放題。サラダも食べ放題。
ドリンクは少ないですが、ホットコーヒーと紅茶、自分で作るハーブティーがあります。特にハーブティーは、素材が草のまま置いてあって自分で適当に混ぜて作ります。スタッフのおねーさんに聞くと、よさそうな調合を教えてくれるので安心。
メインは、パスタ3種類(「石野さんちのトマトを使ったスパゲッティ」や「カルボナーラ」(肉は自家製パンツェッタ)や「桜海老としらすのパスタ」、本日の魚料理、鶏肉のロースト、ハンバーグなど。

天気の良い日は、大きな窓から見える景色が気持ち良いです。
--------------------------------------------------------------------------------
●OPEN 11:30〜14:00 17:00〜21:00
●tel 054-371-9034 ●定休日:年末年始(12/29〜1/3)
●静岡市清水山切1487−1 
--------------------------------------------------------------------------------
| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(0) | trackbacks(0) |
くつろげるイタリアンレストラン【eccola】(エッコラ)
清水駅前を清水税務署方面へまっすぐ進んだ江尻大和交差点近くにあるイタリアンレストランeccola(エッコラ)。車どおりの激しい道のそばにあるのに、そんな喧騒を感じさせない、穏やかな空気間漂うレストランです。
ECCOLA四角い白壁のお店。
ECCOLA店内シンプルで温かみのある店内。
ECCOLA店内ジェラートはグレープフルーツとかミルクとか5種類ほど用意されてます。グラスワインは550円からというお値打ち価格でうれしい。

お料理は、パスタ、ピザがメイン。私のお気に入りは「リコッタチーズとフレッシュトマトのピザ」。ピザのチーズって、たいてい塩味がきいてるものですよね。でもリコッタは、デザートにもよく使われるほのかに甘味があるチーズ。だから、このピザちょっと甘いんです。初めて食べたときは新鮮な驚きでした。薄くパリパリしたピザ生地にトッピングされたリコッタチーズの柔らかな甘みとトマトのフレッシュな甘みが口の中で広がると、なんともシアワセな気持ちになります。あと、ワタリガニのパスタもコクがあって美味です。
もちろん、モッツァレラとトマトのサラダ、ムール貝の蒸し煮、自家製パンツェッタ、自家製ジェラートなど、その他のメニューもいろいろあります。エッコラ

ランチもディナーも、コースがあります。ランチコースは土日祝日もやってるのが嬉しい。単品のパスタは1200円からですが、パスタ+スープorカナッペ+ジェラート+コーヒーのランチコースは1400円です。かぼちゃのポタージュかぼちゃのポタージュ。鶏と胡桃のトマトソース鶏と胡桃のトマトソースパスタ。胡桃がコリコリして美味しい。

店の前が一方通行なので、車で行く方は地図をご確認下さい。
エッコラの地図



●OPEN 11:30〜14:00 18:00〜21:00
●tel 054-363-5517 ●定休日:水曜
●静岡市清水区天神一丁目2−15


| モノコ | 【清水区】洋食 | comments(0) | trackbacks(0) |