RSS | ATOM | SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ドリプラ内の寿司屋「勇喜寿司」
清水区の複合型商業施設ドリームプラザには「清水すし横丁」というエリアがあって、10店近くの寿司店が軒を連ねています。
私がいつも行くのは「勇喜寿司」。焼津に本店がある寿司屋さんです。

ドリプラ内の他の寿司屋より少々値段が高いですが、ちゃんと「寿司を食べた」という満足感が味わえるのと、寿司以外につまめるメニューもあるので、日本酒飲みながらのんびり過ごせるところが気に入ってます。

勇喜寿司炙り5点セット2000円
ネタが大きすぎたり厚すぎたりせず、素材の美味しさを感じられます。

昼に6名で行って総額16000円弱。高いっちゃ高いかな
| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
またまた北條
今年もまた母の日に北條に行ってきました。
夜の4500円のコース。
母は肉がダメなので、うちは予約のときにメインを魚に変えてもらっていますが、通常はメイン料理はお肉です。

なんか今回写真がすべてボケしまった・・
北條前菜
おつくり
煮物
焼き魚
酢の物
グリーンピースごはん
| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
コーヒー&定食&ギャラリー「Cafe中川」
清水インター近くにあるCafe中川さん。お店があるのは通り沿いからちょっと奥。nakagawaその佇まいは、隠れ家的で素敵。東北の民家を移築した建物なんだそうです。
カフェ中川この天井の高さと梁の見事さ!静かな午後に、ゆっくりコーヒーを飲みたいですね。
こちらのお店は、1階がコーヒー&定食、2階がギャラリーになっています。

日替わり定食は、サラダ、味噌汁、ご飯、肉と魚のおかずのセットで¥1200円。¥500プラスすると、コーヒーとデザート付きにできます。
中川カレー定食は量が多いかな、と思ったので、この日はカレー。ルーが、ぽってりとした白い陶器のソースポットで入っているのが上品ですね。
カレーは、サラリとしていて辛さは控えめ。サラダが付いて¥900位。

ギャラリーでは、定期的に、陶芸や絵画、ステンドグラスやパッチワークなどの作品展が催されているそうです。

お店の場所は「サークルK清水にしくぼ店」の隣奥。


●静岡市清水区西久保94 ●TEL:054-366-6087
●OPEN 11:00〜20:00頃 ●定休日:火曜
「4名様以上または、17:00以降にお越しの際はご連絡頂けますようお願いいたします。」とのこと。



| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
母の日に北條に行ってきた
清水区の但沼にある日本料理店「北條」。
ここは個室でゆっくり静かに美味しく食事ができるので、母の日に行ってきました。
海老の塩辛海老の塩辛
桜海老の佃煮桜海老の佃煮
刺身刺身
蒸し物蒸し物
焼き魚焼き魚
天ぷら天ぷら
酢の物酢の物
鯛茶漬け鯛茶漬け

このお店はいいですね〜。ホントに好きです。
以前の記事はこちら
| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
若い店主の真面目な懐石料理店【北條(ほうじょう)】
興津から国道52号線を山梨方面に走り、但沼北(ただぬまきた)の交差点を過ぎたあたりにある和食懐石料理店。大きな看板は出ていないので、うっかりすると通り過ぎてしまいます。(初めて行ったときは行き過ぎました汗
北條昼3年ほど前に開店したばかりのお店ですから、外観も内装も、まだ木の香りが薫ってきそうなほど新しく美しいです。

9月にお昼の懐石をいただきましたので、今回は、夜¥4000のコースをいただきました。。
北條夜夜も風情があります。
北條タラコのにこごり、春菊のおひたし、湯葉焼きなど。桜海老の胡麻煎り(?)が特に美味しい。売ってたら買って帰りたいくらい。
北條お造りお造り(ばちまぐろ、はた、かんぱち、あかいか)
北條蒸し物甘鯛のみぞれ蒸し。
北條お肉お肉料理。
北條酢の物コハダとシャコの酢の物
北條カニご飯興津川で取れたズガニの炊き込みご飯。銀杏が入っていてホクホク。
デザートはメープルアイスでした。

しっかりとした修行をしてきた若い店主が、真面目に丁寧に作っている正しいお料理。すべて美味しくいただきました♪

以下は、初めて訪れた時の感想。
<2010.9月>
今回いただいたのは、お昼の2200円の懐石コース。前菜、おつくり、煮物、メインの肉料理、ご飯、味噌汁、デザートです。
北條オクラやプチプチのイクラ、栗のとうざ煮などが盛られた前菜。
北條冬瓜と車海老の煮物。非常に美味しかった。
北條肉お肉料理。こちらのお店のメインは、お肉料理のようです。(予約時にお願いしておけば魚に変更できます。)
北條ごはん
前菜と煮物がしっかりしたお料理やさんの味付けだったのに比べると、メインの肉料理は定食屋のような味付けだったので、友人と二人でちょっと首を傾げました。それに、ご飯が柔らかかった・・。
おそらく、もう少しランクが上のコースだと、お肉料理のボリュームなどがアップされると思われますので、次回はそれを踏まえてお伺いしたいと思います!
※ご飯が柔らかかったのは、たまたまこの時だけです。別の日は、しっかり美味しいご飯でした。

日本酒は静岡の地酒から県外のものまで10種類以上あるのが嬉しいです。生ビールはエビス、瓶ビールは大手3社そろってます。ワインもあります。グラスワインは700円くらい。

町の喧騒からは離れた山間の静かな場所にあり、隠れ家的な雰囲気も贅沢です。何度でも行ってみたくなる、非常に雰囲気の良いお店でした。
店の前は広い駐車場になってます。10台駐車できるそうですよ。


●OPEN 11:30〜14:00(LO13:30) 17:00〜21:00(LO20:30)
●定休日 月曜 祝日の場合は営業翌日休業
●静岡市清水区小河内3899-1 ●TEL 054-393-2136




| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
巴川沿いの大衆食堂【かね田食堂】
清水の巴川沿い、大正橋のたもとにある大衆食堂&大衆居酒屋「かね田食堂」。かねだ食堂サラリーマンのおっちゃんたち御用達のお店です。入るとすぐに6,7人座れるカウンター席と、4,5人座れる座敷席が4席ほどあります。一見小さな店に思えますが、奥にも座敷があり、よく宴会が行われています。
この店の魅力は新鮮な魚。さしみ生の刺身はもちろん、エビフライ、鰯の揚げ物、カツオのハラモ焼き、など、フライ、揚げ物、焼き物など色々あります。
いかイカの肝焼き。
酒のつまみは300円〜600円くらい。茹でしらす、山掛け、海ツボ、もずく酢など。ごはんものは400円〜1000円くらい、えび天丼、桜海老天丼、まご茶漬けなど。
お昼も営業していて、ペペロンチーノやゴルゴンゾーラのペンネなどのパスタもあります。マグロのラグーソースなんてのもあります。

●静岡市清水区入江1-1-23 ●TEL 054-364-8446
●OPEN 11:30〜13:30 17:00〜21:00 ●定休日 日曜日

| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
安くて旨くて隠れ家的な寿司屋「グリーンハウス」
清水区蜂ヶ谷団地の辺りにある、知る人ぞ知る寿司屋「Green House(グリーンハウス)」。ネタの新鮮さ、ボリューム、驚きの低価格、そして営業日の少なさで「常に予約でいっぱいの寿司屋」です。
なんたって、ディナーの営業は木金土のみ、ランチにいたっては水曜のみ、という限定ぶりですから、営業日を狙って数ヶ月前から予約している人たちが引きも切らないんですね。
お値段は、昼のコースは¥2500、夜のコースは、¥3000、¥3500、¥4000という魅力的なお値打ちプライス。

今回我々が食したのは、¥3500の夜のコースです。(※お店に行ったのは4月上旬です。)
サラダ水菜とトマトのサラダ。私の大好きなグレープフルーツとカシューナッツが乗っていて嬉しい!グレープフルーツの爽やかな酸味と、ナッツの歯ごたえがイイです。
茶碗蒸しウニの乗った茶碗蒸し。
フライ牡蠣とホタテのフライ。デカイです。牡蠣がクリ〜ミ〜。
金目ここから怒涛の握り15連発です。まず金目鯛とホタテ。
中トロ中トロ
赤身赤身と穴子。
うに雲丹。
まきもの手巻きはカウンター客のみのサービスらしい。
ボタンエビボタンエビ。
カニズワイ蟹。
味噌汁蜆のお味噌汁。

全部撮りませんでしたが、他に、タコとカリフォルニアロール、玉子など。中トロは2回出てきました。
カリフォルニアロールが出てくるなんて珍しいですよねぇ。ここのご主人は、以前カナダで寿司を握っていたことがあるそうなので、その名残(?)でしょうか。

面白いのが「リクエストの一貫」。出てきた中でもう一度食べたいものを一貫リクエストで握ってくれるんです。私は金目を食べたかったんですが、残念ながら品切れのため、ウニを頼みました。お得な感じ。

コーヒー食後のコーヒーとお茶菓子。コーヒーなのになぜか小豆餡の和菓子。

とにかく、支払ったお値段以上のボリュームと新鮮なネタに満足すること間違いナシです。料理を持ってきてくれるときに、必ず食材の産地(「青森の蜆です」とか)も教えてくれるのが嬉しいところ。
お持ち帰り用の折り詰めは、店でお食事した人のみ¥1000でのご提供。スーパーのお惣菜売り場でよく見かけるプラパックに10貫くらい入ってます。数はうろ覚えなので、すみませんがご確認ください。

ちなみに、店の隣は奥様が経営するブティック「GREEN HOUSE」。寿司屋なのに「グリーンハウス」なんて洋文字である謎が解けました。
店内も店名同様洋風な造り。カジュアルな喫茶店風です。寿司屋と聞くと、磨き抜かれた天然木のカウンターの前にネタケースが威風堂々と鎮座し、パリッと糊の利いた白衣と帽子をかぶった寿司職人が粋な手さばきで寿司を握る、という景色が頭に浮かぶ訳ですが、こちらのお店はあらゆる面で型破りです。そこがとても面白い!


●静岡市清水区蜂ヶ谷14−4 ●TEL:054-363-0158(要予約)
●OPEN:ランチは水曜のみ 11:00〜14:00 夜は木金土のみ 18:00〜22:00
●定休日:日〜火曜

| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
お持ち帰り寿司【ザ・サンキュー】
清水の袖師公民館近くにあるお持ち帰り寿司「ザ・サンキュー」は、安くてネタが良いので地元で有名です。夕方には寿司を買い求める車で渋滞になることも。
赤身、イカ、お稲荷さん、タマゴなどが入った一般的なにぎりセット「梅」は¥525くらい。これも十分安い。

でも、どうせ買うなら下記画像のような単品5〜6個入ったパックの方が、断然美味しくてオトクです。
鯛 6個入り525円 イカ&タコ 6個入り367円。安い!

大トロ 7個入り1050円安い!!

他に、車海老、アマエビ、ヒラメ、かんぴょう巻きなど色々な種類が置いてあります。

マグロの切り身とか中トロ刺身とかは1パック200〜600円台。


ちなみに、寿司はすべてサビ抜き。小袋のパックわさびを付けてくれます。


●OPEN:10:00〜19:00 ●定休日:水曜
●TEL:054-365-1266 
●住所:静岡市清水区袖師町1084
大きな地図で見る
| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
小料理屋風美味和食「四季食彩 吉おか」
そういえば、一番気に入っているお店をアップしていなかったことに気付いた今日この頃。すでに、清水・静岡の和食好きには名が通っているとは思いますが、ご紹介です。

草薙駅から歩いて2分ほどの好立地にある「四季食彩 吉おか」。
いつ行っても混んでます。若い女性客から、サラリーマン男性陣、年配のご夫婦など多様な客層が、このお店の味の良さと値段のお手ごろさを証明していると思います。

店名に「四季食彩」と付けているだけあって、おしながきには季節の食材を使ったメニューが並んでいます。たたみいわし、北海道本ししゃも焼、石川小芋の塩蒸し、山芋梅入り磯辺揚げ、等お酒のお供に良い加減のものから、鱸のかま焼き、松茸の茶碗蒸し、サザエのエスカルゴ風、地魚の煮付け、和牛の網焼きなど、しっかりいただけるものまで揃ってます。

日本酒は、磯自慢や初亀などの地酒や、男山、黒龍など。焼酎は、芋、麦が2〜3種類、他に泡盛など。グラスで600〜800円くらいです。

吉おか
吉おか
吉おか焼き物
吉おか焼き物
吉おか刺身
吉おか天ぷら
吉おかご飯
吉おかデザート

ごつごつした陶器の器に、季節を意識した盛り付けが素敵。
コースで頼むと4500円から用意してもらえます。量も味も、これで十分満足できると思います。
1品700円〜1500円くらいなので、アラカルトで注文しても、食事だけなら2、3人で3000円程度、飲んでも5000程度で収まります。
もっとも、丁度入荷していた天然の岩ガキと、松茸の土瓶蒸しと、和牛ヒレ肉の網焼きをいただいた時は一人8000円くらいでしたが。それでも街中の料理屋よりはかなりお安いと思います。
オススメ!
岩牡蠣和牛網焼きマツタケ土瓶蒸し

●OPEN:17:00〜23:00
●TEL 054-346-8551 ●定休日 日曜日、第3月曜日
●静岡市清水区中之郷2-1-8
| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドリプラ出店記念「戸隠そば」
エスパルスドリームプラザに、商標登録「磯おろし」で静岡的に有名な蕎麦屋「戸隠」が入店しまして嬉しいです。
今日はMOVIXで清水映画祭の作品2本見てきたので、そのついでに寄ってみました。
しかし、13時頃に行ったら店の前に行列が出来ていてびっくり。蕎麦屋だから回転は早いけど、わざわざ並ぶのもなんなので時間をずらすことに。

14:30ころには店内も落ち着いていたので、磯おろしの他にビールと茄子田楽を注文しました。
戸隠のナス田楽戸隠そば
ビール飲みながら田楽ちびちびつまんでたら、またまた店が混んできて、入り口の待合い椅子に座ってる人が数人。
こりゃゆっくりできんなぁ。

田楽を食べ終わったのを見計らって磯おろしが運ばれてきたので、こっちも早々に平らげて店を出ました。当分は混み混みの予感。

映画は2本とも、のんびり可笑しく時々泣けてなかなか良かった。『歓喜の歌』と『転々』。『歓喜の歌』は、志の輔さんの噺よりエピソードを増やしたり変更してあったけれど、よりわかりやすい改良で○。『転々』は三浦友和が唯一無二の存在感。
| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |