RSS | ATOM | SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
安くて旨くて隠れ家的な寿司屋「グリーンハウス」
清水区蜂ヶ谷団地の辺りにある、知る人ぞ知る寿司屋「Green House(グリーンハウス)」。ネタの新鮮さ、ボリューム、驚きの低価格、そして営業日の少なさで「常に予約でいっぱいの寿司屋」です。
なんたって、ディナーの営業は木金土のみ、ランチにいたっては水曜のみ、という限定ぶりですから、営業日を狙って数ヶ月前から予約している人たちが引きも切らないんですね。
お値段は、昼のコースは¥2500、夜のコースは、¥3000、¥3500、¥4000という魅力的なお値打ちプライス。

今回我々が食したのは、¥3500の夜のコースです。(※お店に行ったのは4月上旬です。)
サラダ水菜とトマトのサラダ。私の大好きなグレープフルーツとカシューナッツが乗っていて嬉しい!グレープフルーツの爽やかな酸味と、ナッツの歯ごたえがイイです。
茶碗蒸しウニの乗った茶碗蒸し。
フライ牡蠣とホタテのフライ。デカイです。牡蠣がクリ〜ミ〜。
金目ここから怒涛の握り15連発です。まず金目鯛とホタテ。
中トロ中トロ
赤身赤身と穴子。
うに雲丹。
まきもの手巻きはカウンター客のみのサービスらしい。
ボタンエビボタンエビ。
カニズワイ蟹。
味噌汁蜆のお味噌汁。

全部撮りませんでしたが、他に、タコとカリフォルニアロール、玉子など。中トロは2回出てきました。
カリフォルニアロールが出てくるなんて珍しいですよねぇ。ここのご主人は、以前カナダで寿司を握っていたことがあるそうなので、その名残(?)でしょうか。

面白いのが「リクエストの一貫」。出てきた中でもう一度食べたいものを一貫リクエストで握ってくれるんです。私は金目を食べたかったんですが、残念ながら品切れのため、ウニを頼みました。お得な感じ。

コーヒー食後のコーヒーとお茶菓子。コーヒーなのになぜか小豆餡の和菓子。

とにかく、支払ったお値段以上のボリュームと新鮮なネタに満足すること間違いナシです。料理を持ってきてくれるときに、必ず食材の産地(「青森の蜆です」とか)も教えてくれるのが嬉しいところ。
お持ち帰り用の折り詰めは、店でお食事した人のみ¥1000でのご提供。スーパーのお惣菜売り場でよく見かけるプラパックに10貫くらい入ってます。数はうろ覚えなので、すみませんがご確認ください。

ちなみに、店の隣は奥様が経営するブティック「GREEN HOUSE」。寿司屋なのに「グリーンハウス」なんて洋文字である謎が解けました。
店内も店名同様洋風な造り。カジュアルな喫茶店風です。寿司屋と聞くと、磨き抜かれた天然木のカウンターの前にネタケースが威風堂々と鎮座し、パリッと糊の利いた白衣と帽子をかぶった寿司職人が粋な手さばきで寿司を握る、という景色が頭に浮かぶ訳ですが、こちらのお店はあらゆる面で型破りです。そこがとても面白い!


●静岡市清水区蜂ヶ谷14−4 ●TEL:054-363-0158(要予約)
●OPEN:ランチは水曜のみ 11:00〜14:00 夜は木金土のみ 18:00〜22:00
●定休日:日〜火曜

| モノコ | 【清水区】和食 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gurubiyo.jugem.jp/trackback/276