RSS | ATOM | SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
ふくやのイタリアンロール
5/5に清水のドリームプラザへ出かけたら、『第7回 静岡お菓子フェア』ってのをやってて、静岡県内のケーキ屋さんが10店ほど出店していました。
そこで、藤枝のメゾン・ド・パティスリー・吉野のミニクグロフと、同じく藤枝のブラウンシュガーのシュークリームを購入。
ブラウンシュガー小さなシュークリームが7個入って¥500。
どちらも、ちょっとお腹が空いたときに丁度手ごろなサイズで、なかなか美味しかったです。

で、帰宅後にフェアのチラシをよく見たら、5/6と5/7のみ、イタリアンロールで有名な「ふくや」が出店すると書いてありました。14:00に整理券が配られ、15:00販売開始とのこと。

ウチの母はこのロールケーキが大好物なんですけど、通信販売をしてないんで、沼津市の冨久家まで買いに行かなきゃならないんですよね。しかも、大人気商品なので、プラッと立ち寄っても売り切れで購入できないことがあり、予約は必須。購入するのになかなか手間がかかるケーキです。

それが清水で購入できるとあって、母がドリプラまで買いに出かけました。整理券配布開始までドリプラ内をウィンドウショッピングしていよう思っていたのに、13:00の時点ですでに10人ほど並んでいたので、仕方なくその列に並んだそうです。大人気ですな。

イタリアンロールイタリアンロール。一本の長さは20cmほど。画像はカットしたもの。
私は沼津の「冨久家」しか知らなかったんですが、ドリプラで売ってたのは、伊豆長岡にある姉妹店の「ふくやエマーユ」のものとのこと。

イタリアンロールとはどんなモノなのか、と言いますと。
近年、巷でロールケーキが大人気ですが、大抵のロールケーキは、”柔らかくてふわっとした食感”というのがウリですよね。しかし、イタリアンロールの食感は違います。若干固め。ケーキの外側が、厚めのクレープのような皮で巻かれているからです。
スポンジ生地も、巷に流布するキメの細かいロールケーキとは違い、一見ざっくり粗い感じに見えます。でも、食べるとしっとり。フワッという感じではなく、しっとりです。
そんなしっとりスポンジに巻かれた生クリームの中には、砕いた栗の粒が入ってます。大きすぎず小さすぎない栗の質感と、甘露煮の栗の甘味が非常によろしいのです。クレープ皮の上にまぶされたアーモンドスライスも◎。
上品でお洒落で可愛いイメージのロールケーキとは違い、どちらかといえば無骨で素朴な外見ですが、見た目以上の美味しさです。



沼津市の冨久家
●静岡県沼津市御幸町17−17 (沼津市役所隣り)
●OPEN 10:00〜18:00 土曜は10:00〜17:30
●定休日:日曜 ●Tel:055-931-2275

伊豆長岡店 ふくやEMAIR(ふくやエマーユ)
静岡県田方郡伊豆長岡町南江間1378−4
●Tel:055-948-3039
| モノコ | 【静岡清水以外】 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gurubiyo.jugem.jp/trackback/277