RSS | ATOM | SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
【筆自慢】を【筆ぐるめ】に乗り換える
JUGEMテーマ:年賀状印刷



年賀状作成の季節になりました。

知人から、パソコンをWindows7に買い替えたら「筆自慢」が使えなくなっちゃったから、別のはがき宛名印刷用ソフトを教えてほしいと相談を受けました。

筆自慢というソフトの販売元が倒産し、Win7用が無いらしいんです。
富士ソフトの「筆ぐるめ」というソフトなら、筆自慢の住所録を変換できるみたいなので、とりあえず体験版をインストールして使ってみました。

どんなソフトに乗り換えるにしても、住所録の移行さえ出来れば、あとはレイアウト調整だけで簡単に作業完了するだろう、とタカをくくっていたら、なんと元の筆自慢住所録ファイルが壊れていて、そのままではデータが読めないことが発覚。

csv形式で読み込めたものの、データの一部は文字化けしてるわ、リストの配列はめちゃくちゃだわで、このままじゃ到底使えない有様。
手直ししつつ、新しい住所録をexcel2003形式で作成し直しました。

excel住所録ができたら、あとは筆ぐるめの住所録として読み込むだけ。
excel住所録の各項目(氏名とか住所とか)と、筆ぐるめの住所録の各項目を関連付けすればOKのはず。

ところが、この関連付けがなかなか面倒だった!

今回のは企業から出す年賀状なので、会社名宛て、部署宛て、個人宛て、と年賀状の宛先が混在しており、さらに、社名や部署名にやたら長いのがあったりしたせいなのか、ベストな宛名面の関連付けを見つけるまでに、やたら時間がかかってしまった・・

よって、来年の備忘録として記入します。

1.excelで住所録をつくる。項目名は図の通り。


2.筆ぐるめを起動。「住所録」で「他ソフトの住所録を読み込む」を選択。

3.「住所録データ取込」→「他ソフトデータ」→「次へ」→「excel95/2000/2002/2003ファイル」→「次へ」→excelの住所録を開く

4.excel住所録の各項目を筆ぐるめの住所録項目下図の通りに関連付けする。



5.全ての項目を関連づけたら「変換実行」をクリック。[変換を実行しますか」→はい→「新規住所録として登録」→次へ→「パスワードを設定しない」→OK→[変換を実行しました」→OK

6.いま作った住所録をダブルクリック。ハガキのレイアウトが表示されるので、フォントや印刷レイアウトを修正する。

★ハガキのレイアウトを見ながら1枚ずつチェックします。
今回は企業宛の年賀状なので、郵便番号や住所は会社データと関連付けました。なので、「会社」タブのデータを修正します。
★印刷指定は「会社宛て」にチェックすること!

[個人宛に送る]
・「宛て先指定」を[個人宛て]にする。



[会社名宛に送る]
・「宛て先指定」を[会社宛て]にする。


[部署宛に送る(一行)]
・「宛て先指定」を[会社宛て]にする。


[部署宛に送る(二行)]
・「会社名」の欄に入力されている部署名を「所属1」に移動させる。
・「宛て先指定」を[部署宛て]にする。

※「所属1」に入力した部署名のレイアウト表示が大きくなりすぎた場合は、部署名の前にスペースを入れるとレイアウトの文字が縮小される。


[社名・部署名・住所が長い場合]

・住所は「住所」欄の改行したい位置で「改行」ボタンを押すと二行表示になる。
・会社名+部署名が長すぎると、「会社名」欄に収まりきらない。その時は部署名を「所属1」や「所属2」に移して調整する。


とりあえず以上。
年賀状の宛名印刷ですが、500件近い宛名を一件一件レイアウトを見ながらチェックしないとならないんで、ちょっと面倒。
これ以外に簡単なやり方があったら、誰か教えてくださーい。


筆ぐるめ 2015 アップグレード・乗り換え版 [ダウンロード]


筆ぐるめ 2015 宛名印刷・住所録 [ダウンロード]


筆ぐるめ22(ダウンロード版)



筆ぐるめ22(パッケージ版)

| モノコ | よしなしごと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gurubiyo.jugem.jp/trackback/400