RSS | ATOM | SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
アルファ米を食べてみた
自室に置いてある避難バッグを開けてみたら、ことごとく賞味期限が切れてました。

期限切れから1,2年の食品の数々。期限は切れているけど、食べてみました。

これは、尾西のアルファ米「五目ごはん」。
アルファ米アルファ化米と小さいスプーンが見える。
スプーンを取り出し、水を注いで1時間待つ。お湯だと15分で出来上がるらしい。

アルファ米白米のアルファ米パッケージには「お米がたってる、ふんわりごはん」とかいてあるけど、ふんわりとは思えず。
おかきを水に浸してふやかした感じといいますか、干したお米を戻した感じは否めません。
何より、なんだか薬品くさい味がする・・。

ご飯が冷たいまましばらく食べたけど、この薬っぽさがどうしても慣れず、レンジであっためて、更にレトルトスープで流し込むように食べ続けました。

こんなに薬っぽいの?!非常食にしても、この味は受け付けないわ。

と思ったら、袋の底に脱酸素剤の袋が!!

ホントは袋も出さなきゃいけなかったのに、うっかり入れたまま水を注いで、そのまま食べてました。恐ろしい。

とりあえず、アルファ米と炊き立てのコメの味との違いはよく分かりましたんで、非常時にはココロして食べることにします。

他にも、サバの味噌煮の缶詰とか、焼き鳥の缶詰とか、普段食べないようなものを非常用に揃えておきましたが、普段食べ慣れないものは、やはり食べにくいと思いました。
一番美味しかったのは、たまご粥。これは普段食べてる味に一番近かったからでしょう。

非常時、他に食べるものがなければ、有難く思って食べるかもしれません。
が、逆に全く受け付けなくなるかもしれません。傲慢なようですが。

いずれにしても、自分好みの味の非常食をそろえておくのが間違いない対策です。
平時に色々試しておかなければならないと思いました。


| モノコ | 防災グッズ・保存食 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gurubiyo.jugem.jp/trackback/401